September 21, 2017

アルテッツァ

こんにちはー

9月も後半ですねー

はやいはやい、、、

さてさて

長期お預かりだった 

アルテッツァ

走行調整

so

細かいところがメインですね、

ライトつけたり、エアコン付けたり

パワステ回してみたり、ブレーキランプつけたり

負荷をいれたり、増やしたり

で、、以前のようにノイズが入らなくなった(^^)

つまり、、急にスロットル電圧が、飛んだり消えたりもしないので

色々な調整パラメーターが使えるようになりますので

補正していくのも楽になるわけです

一定で走る走行なども

ar

いやいや、、ズムーズになりました(^^)

ちょっとした所なんですが、落ち込みやもちあがりや

ツキの部分ですね

この車は アイドルコントロールはNISSANのAACを使っていますが

そういう部分に頼っていない箇所の味つけみたいな部分です

こういうセットのほうが時間はかかります(^^)

まあ、、文字通り ネチネチやるしかないわけです

さてさて

もう1台も細かい箇所を色々と

7

この車も結構前にエンジンもやった車

マネージメントもフルコンにしてあるので

色々とリカバリーできます

最近は、若いお客様でも、このあたりの年代の車をチョイスする

方も多いので、メンテナンスなんかもマメに行わないとですね

さて、、、自分はミッションをやらないと、、、

Zも早めに仕上げて板金やさんに渡さないと(><)

がんばりますー

13:27:35 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

September 19, 2017

新しい治具を、(^^)

こんにちは

急に暑くなりましたねー(^^:

とはいっても、、、もう真夏って空気でもなくなりました

秋になってきましたねさてさて

秋の夜長?。。。。。。は作り物



このポンプユニット

pu

に、、

隔壁を制作してました

うちは作り物も多いし、特になんの変哲もない隔壁を

制作なのですが

新しい治具を買ってみたので(^^)

これ

a

何かと言うと、、

良く6mmのボルトなんかを取り付ける際に

T5mm以上のものであれば、そこにタップを立てたり

それ以上薄いと ナッターや、フランジナットなどなどで

対応しています、または、ズース使ったり、、

で、この治具は

母材に指定寸法の穴をあけて

ウレタン側を表にして 材料を挟みプレスで押すと

wa

解りずらいですが、、、

穴が内側に盛り上がります

これで一般的な6mmなっとのネジ山の5mm以上

ピッチ長を確保できます

そこにタップをたてれば、、、

ta

ネジ穴ができちゃいます(^^)

チト最初は馬鹿にしてましたが これは良いかも

中々のアイディア商品ですね

そうそう、

このステーを上下に制作して

ボルト穴部分は、純正であいているピン穴を加工して

ナッターを使って固定

シャーリングで材料を切断

bu

今回は、以前制作したバッテリーケースの感じに合わせて

ビードローラーでリブを入れずに

ブレーキで材料曲げして

淵はアルミアングルで仕上げました(^^)

za

簡単なものだけど、、、新しい道具で作るとチト楽しいもんです

さてさて、今日は走行調整しちゃわないと、、、

がんばります

14:06:07 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

September 17, 2017

HKSミッション

こんにちは

台風くるようで、、みなさなお気をつけください

さてさて

遅れ気味のミッションを勧めています

中々、思う通りにはすすみません

人手が欲しい(^^;

さて

そのミッション

HKS Iパターンです

このミッションはチト気になる事があったので

仮組みなんどかしながら CHECK

HKSのIパターンミッションは

リバースに入れた際に

レバーが中立の位置ではなく

上にあげた状態でレバーが止まり リバースを保持します

内部の状態はこんな感じ

re

写真の状態はニュートラル

この状態からレバーを動かすと、

向かって右のスプリングがついているシャフトがバレルを

回します、

そうすると、、

バレルに斜めに切ってある溝の方向にバレルが周り

右手前のシャフトが動いてリバースへ

バレルを見てもわかるとおり

行きっぱなしで、戻るしかありません

つまりこの位置で固定するしかないのですが

なず、中立でとまるように進めなかったのか?

実は

このHKSミッションを設計 開発したのは

HKSのSEI君(^^)

チト聞いてみた、、、

そしたら、、、あまり詳しく書けませんが

なるほどねー、、、の答え

で、、、

DOGのシフト抜け

基本的に、まずありませんが

抜ける場合は99パーセント

DOGの摩耗 DOGが噛む箇所は5mmくらいしかないですからねー

ひっかからなくなった瞬間からもう使えない

それがDOミッションですが

まれに、、、ものすごい振動を与えると、、というか

連続して振動させると

レバーが抜ける事があっらしいです

スーパーラップでテストしてなったことがあるらしい

で、、、対策方法も教えてもらいました

内容は、、、これも、、、内緒(^^)

実は同じ事は自分もやったりしてました

知れば簡単な事なので、

なんども組んだ事があるかたは気がつくかも?


で、、、それを行と

弊害はでます、、、

それの解決方法を、、、

なるほどねー(^^)流石開発者

そのパーツのメーカー 品番まで教えてもらった

mio

これもその1個

こういう簡単な事ほど、気がつかないもんですね

わかればなるほど、この手があるのね、、、みたいな

難しく考えない、、ってのも大事です

という事で

1機完成 本組みして出荷しました

si

さて、次を分解しなければ、、、

がんばりますー(^^)



12:31:23 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

September 14, 2017

ECU 信号制御

こんにちは

いやいや、、、あちい。。。。(−−

もうこの書き出しがクセになってます

台風もきてますねー

チト はまり仕事を

ar

この車

SPECは御存知の方も多いと思いますが

エンジンは 鍛造ピストン H断面コンロッド

CAMSYAFT ワンオフサージタンクやワンオフEXマニでTD07

点火系も16vシステムで 燃料ポンプもBOSH×2 DENSO×1

中々のSPECなのですが

実は うちに来ていただいた頃はほぼ STDな状態だったのですが

唯一、、ECUが延長配線にて、室内に2mくらい延長されて

おりました

まあ。。。問題ないだろうと、ずっとそのままだったのですが

セットをしていると変な動きをしたり

動かなかったり。。。というパラメーターが

ロガーにのったりします

色々と小細工をして回避してましたが。、。。

DENSO製のECU 磁器ピックアップだし

延長されている配線も、みな同じ配線 つまりシールド線使ったほうがいいねって所も 同じ配線なので

おおよそそのあたりで、ノイズが入ってしまうようです

気にならないレベルであったりしますが

これはオーナー次第、、やはり気になるようで

元の位置に戻したいと、、、

ji

ここまで作りこんでしまったエンジンルームにECUを

戻す、、、これも御存知の方もおられると思いますが

アルテッツァなどはエンジンルームの左前にBOXがあり

そこにECUが収められていますので

結構な加工になります(^^)

で、、、ボックス周りを全部とりよせ

TOYOTAで1個だけパーツ足りませんでしたが

揃いました

パイピングやステーその他のパーツは作り直し

で、、、配線も室内側で完結していたもの

追加していたものをエンジンかけて確認しながら

制作していきます

pa

DATAも色々変更

制御も変更

ha

スロットルからの信号やとりまわし 制御方法も変更

ko

やっと、、

急な電圧変化 信号が途絶えるみたいな症状は消えました

(^^)良かった 

まだやることもあるので、もう少しかかkりますー



17:07:26 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

September 12, 2017

RB

こんにちは

蒸し暑いですね。。。

速くカラッと秋晴れになってほしいもんです(><)

さてさて

先週末、先々週とオイル交換が多かったです(^^)

そんな中の1台

34

GTR、オーナーはTOYOOKA氏

彼は自分と同じ年^^

自分が見習いの頃、、、25年以上前からのお客様

当時というかこのGTRの前は32GTR

800psオーバーの車でしたが

結婚してマンション買って お子さんも生まれて

爆音すぎるということで、マンションの立体駐車場に

入れられず泣く泣く 手放しました、、、

そのあと、しばらくお金をネチネチためて

購入して車です(^^)10年くらい前かな?

たまに、大根買いに行ってくる、、とカミさんに嘘をついて

遊びにきます(^^)

この日は翌日からRsミーティングに行くということで

オイル交換

中々長いおつきあいになりますが

ずっと来てくれるのは嬉しいものです(^^)

今やっている Z31のKASUYA氏も43歳だっけな?

17のころから、良くチャリンコで見にきてた(^^)

皆さん カーライフは色々ですが長く楽しんでほしいものですね

さて

エンジン室ではRB26

rb

腰下

head

ヘッド共に完成で

ドッキングです(^^)

2

仕様は、鍛造PISTON

H断面コンロッド ノーマルクランク

リン青銅バルブガイド 272の10mmoverリフトのCAMSYAFT

バルブスプリングもチト固め

セッ荷重はシートカットで変更してあります

これはCAMSYAFTのBCが小さい為

シートあたり幅は追い込んでおりません

ノーマル幅から少し、、って感じ

ライトな感じですが

街乗りがメインの仕様ですね(^^)

272でリフトを上げているのは低速 中間の為

VPはあまり詰めないつもりです

ターボも07と組み合わせるので、低速から中間重視のSETです

(^^)イイ音するでしょう

ということで、

進めたい、、、のですが、シムが欠品10枚以上

集めのシムを使用して研磨で合わせるのですが

厚めのものが欠品(><)

10月上旬とか、、、

作るのもあれだし、、どこかで厚めのシム貸してもらえると

いいんですけどねー(^^)

さて、、、ネチネチ進めますー



19:15:08 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks