November 18, 2017

DATSUN PICK

こんにちは

いやいや、、寒いですね(^^)

今週は納車3台 お預かり2台

ネチネチ進めてます


WATANABEーDATSUNーPICK

オーナーは、OPTライターやRED BULLの

MOTOR SPORTSなんかのWebをやっている NABEちゃん

お待たせしました(^^)

SRターボ搭載のPICK−UPですが

配管やレイアウトが結構凄い(^^;

ので

カッコよくしてほしいってことで

まずはIC周り

dt

ノーマルだし、激しい車でもないのですが

重たい車なので、面積大きくするよりも

ノック限界さげるのに厚いので、、と思い

3層コアの小さいのか、、ノーマルコア2枚重ねで

フェンダーの内側にでも、、と思ったのですが

オーナーが前置きを希望

ということで、

3層400mmのコアに決定

サイドタンク制作です

切りだしして、ブレーキで曲げていきます

ka

左右同寸法です

st

狭いバンパーの中に収めるのに

コアもきりつめるようかな?

と思い 採寸したらOKでした(^^)

ので、この寸法で制作

sa

で、、

コアにドッキングして完成

koa

このあと、アルミのコレット作って

本体に溶接

SUSのコレットでRODで吊る予定(^^)

うちでは定番のスタイルです

DATSUNにSRなので、配管もスペース作って製作ですが

あまりない車なので考える時間のほうが長かったりしますね

(^^;

がんばります

で、、夜第2部は、、、、

やっぱネチネチ ミッションを(^^)

mi

シーズンオフになってきたので

北海道からの御依頼が増えてきました

ここからどんどん御依頼の地域が南下してくるのが

毎年の傾向

自分一人で作業しているので

到着した順番に作業に入らせていただいております

何度も書きますが

特別に速く。。。と言われる方が8割なので

特別が難しいんです(><)

何度も出してもらっているミッションはなるべく優先していますが

それでも、限界が(^^;

なので、OHや修理などをお考えの方

お見積りだけでも大丈夫です(^^)ミッションによりますが

1.5万前後で

分解計測をしておりますので、お早めにお出しください

急に急いで、、、は無理なんです(><)

お早目に御依頼ください

宜しくお願いいたします



18:38:38 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

November 16, 2017

RB26 2機

こんにちは

いやいや、、寒くなってきましたね、、

エンジン室ではミッションも 作業中ですが

エンジンも、

まずは、2機完成しております(^^)

同じエンジンに見えますが

261

手前のRB26じゃ

280 camsyaft 10,9mm COSWORTH PISTON

キャレロのコンロッド ノーマルクランク

リン青銅ガイド シートカット等

オイルポンプはN1です(^^)

奥側のこれ、、

262

こっちMOTORは チト HARD

280 camsyaft 11,25mm COSWORTH PISTON

I断面コンロッドに、鍛造削りだし75,7mm CRANK SYAFT

2.7Lってやつです

クランクプーリーもダンパープーリー

OILポンプはウエットですが、HKSのもの

1000PS OVER OKです(^^)

RBはメタルのトラブルが多いエンジンなので

耐久性を考慮した ユニットは75,7mmまで

2,7Lで仕上げます、ライトチューンや街乗りなら

3Lや2.8Lも良いですが、、

POWERと耐久性のチョイスはこれかな?

まあ、、好みですね(^^)

アルミブロック アルミコンロッド

にして、エンジンマウントを辞めて

MOTORO PLATE 方式にして

走行ごとにMETAL CHECK

コンロッド ブロックはアルミなので、 時間で交換って

勧めれば

アメリカのように 2500psがフルチューンって感じでしょうね

つまり、1000psでも フルチューンから見れば

半分以下のPOWER(^^)

まだまだ いけますね国産 6気筒

2.7Lのほうは33GTRへ

リアメンバー DRAG用に補強していきます

ミッションはHKS ミッション

hks

先にこちらを仕上げます、(^^)

ネチネチすすめますー



10:11:00 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

November 14, 2017

アルテッツァ SXE10 フラットパネルその2

こんにちはー

11月も半ばに、クリスマスムードが少しずつですね(^^)

さてさて、前回ンお続き、

パネルに一通り ビードローラーかけたら

取り付け

各部にはブラケットをボディ側から出しています

bu

このフラットパネル

予想以上に負荷がかかるので

しっかりと。。

中々、考えて行いますが

スペースを確保していくのがまた大変です

そしてそして

サービスホールも制作していきます

オイルCHENGE の為

リアパネルにカットを入れて

蓋部分を制作 ここもビードローラーかけておきます

で、固定はズースーで

zusu

クイックファスナーですね

良く ズースーと呼ばれているもの

このパーツは自分は良く使います

DRAG MACHINEの外装

内装パネルなどは全てこれで固定

専用工具。。。といっても、デッカイ頭のマイナスDRIVER

みたいなもんですが

これをポケットにいれておけば全てばらせます(^^)

これは元々航空機用のパーツですね

日本製は見たことないですが、、、(^^)

うちでは、お客様のストックの車のフロントカウルなんかも、

これで固定したりします

su

わかりすでしょうか?フロントライナーの前です

フロント側に差し込みを制作して 差し込みここで固定です

左右2個のみですので 脱着も楽(^^)

チリもしっかり合います

ということで、、

装着

ku

これで、オイル交換は楽になります(^^)

全部完成です

pa

フロントに開口部がある車なので

ラジエーターなどの冷却の安定に貢献すると思います

入れ替わりでまたまた、アルテッツァお預かり(^^)

ネチネチ進めますー



14:10:51 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

November 11, 2017

アルテッツァ SXE10 フラットパネルその1

こんにちはー

今週は、RACEから戻って

バタバタしておりましたが、納車が1台

お預かり3台

頑張らないと、、、

で完了した1台

アルテッツァ

最後の作業は、フロントのフラットパネル

たまには、、制作工程を(^^)



まずは、アングル材料 25×25

5m使ったかな?

で、、その前に、車から飛び出している部分を撤去および

加工処理



補強でT3のパネルをブレーキで曲げて

バーリング加工

ba

ピースを制作して

取り付け

si

ここから、フレームに留めていきます

強度も大事ですが、軽量に仕上げていきます(^^)

フレームは、指でも持てるほど

フロント側はSUSを使用してフロントカウルまで

渡して コアサポートでもつる

で、、

シャーリングでパネルカット

pa

これも、軽量で、強度も大事

なので、、まず、パネルを重ねて固定する箇所は

ビードローラーで段を作って

重ねます

wa

解りずらいですが、重なる部分に段を作ってフラットに

で、パネルを仮固定したら

ホール位置を決めて

今度はパネルにも強度を入れます

bi

これで、リブを入れて 強度を上げていきます

後ろ側のパネルの淵も、

ここは、シュリンカーではなく

やはりビードローラーで

bl

補強、(^^)

ペラペラならないように 考えて入れていくのですが

中々 いつも考えさせられる、、

フレーム側に治具で、タップ穴加工ができるように加工して

タップをかけていきますが、これも数があると大変

プレスのところでネチネチ半日加工(^^;

で、まずはベースを本固定したら

パネルをとめていきます

fl

ちと、、、忙しくなったので

次回へ続きます(^^)





12:11:24 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

November 09, 2017

DRAG FESTIVAL その2

こんにちは

先日のDRAG FESTIVAL

自分と、KASUYAーZ31が参加

z31

MOTORはRB26 ノーマルクランクで、280 10.9mm

カムシャフト T88 33D シングルポンプでノーマル燃料

ミッションもR30Aのノーマル

600psちょっとの車です

今までのBEST TIMEは11秒4くらい?かな?

ローンチスタート使えば10秒後半かな?という所

バランスの良い仕様 通勤にも走行も、、という感じでしたが

欠点は TIMEが不安定な所

DRIVEが不安定になる

なぜか?トラクションが抜けるから

DRIVERも不安定な挙動に色々 考えてします

DRAG RACEは運転が、、、DRIVEがかなりでます

時間が短いので、同じ仕様でも下手だと2秒も3秒も

普通に遅くなります

ということで、1枚目の写真

オーバーフェンダー(^^)

ここが一番目立ちますが、、、

キレイだし、

でも、一番貢献するのはその中身

Z31は元々 セミトレーディング方式

DRAGだけをするならば、これを加工して

逆ハの字になるように変更 トラクションがかかれば

まっすぐに路面に設置するようにすれば良いのですが

この車は、RACEだけではないので

乗り心地も大事

ということで、

より調整幅が取れるように マルチリンクへ変更しました(^^)

まあ、、、何度もここに書いていますが、、(^^;

ボディ側も加工して取りつけスタッドも削りだし

me

メンバーも、補強 変更箇所

デフ角度 カラー高さなども

色々と考えて装着

そこまでやって、、、Z31だけの問題

SHOCKの取り付け位置

元々がスプリングもショックもセパレートで取り付ける為

このメンバーというか ナックルを使用すると

ショックの位置が悪い

多分 結構他のZ31でマルチリンクの車は無理にしか付かないはず

これには、ボディを大幅にカットして制作しなおすしかない

ひゃないと、スムーズに動かない

ということで

色々と、、制作まずは

syo

ここを制作 オフセットさせます

当初、ボディをきるか、、

RODで室内までもっていき、ショックを車内に装着しようか?とも

考えましたが

もっと簡潔に効果的にと

で、、完成(^^)

sh

良い感じです、動きも良い

これで走行すると、なんか普通に良い

今までのセミトレに比べると キッチリ感がイイ感じ

で、今回シェークダウンで 1本目

BESTに近い11秒5で走行

今回は台数が多く 3本しか走行できませんが

みな同じようなTIME(^^)

DRIVERも安定感が全然違うと、つまりもうローンチスタート

使っても安心してスタートしていけます

12月16日のTRUST ゼロヨンも1番でENTRYしにきました(^^)

PROスタートは来年から使ってみるそうで

今回はまだ 色々と練習してみるとのこと

見えない箇所のカスタムだけど、、

かなり効果的だった(^^)

他のセミトレの車より、チト手間のかかるZ31だけど

解決したので、、お勧めなカスタムです

ローンチ使って 目標は10秒7くらい?

それよりも、、、トーナメントRACEで

勝ちあがれる安定のほうが大事ですね(^^)

楽しいし、

さらに、

ミッション DOGにして、ポンプ 点火やったら

まあ、クランクノーマルなので、700ちょっとで

とめておくのが無難だけど、、、

DRAIV次第では9秒目指していけるのでは??

色々楽しみですね(^^)



12:24:31 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks