February 22, 2018

燃料ポンプ配管

こんにちは

いやいや、、今朝は雪がちらっと、、、

でも、、もう3月になりますねー

さてさて、

工場では、色々進行中ですが

GTSR用の FUEL POMP

bu

まずは 車側で

固定位置を決定しますが

これは、配管の出る位置やオーナーの要望などなど

よーく考えて決定したあと

その位置における

ブラケットを制作します

これは、配管をパイプで行う為や、制作したコレクターの振動を

抑えて クラックや緩み 振動を抑えるため

これがまずは結構 大変です

で、、配管していきます

ha

このアルミ配管

OUT TANKのポンプなんかやコレクターを

室内に置いた方なら解ると思いますが

とにかく

メッシュホースなどで配管すると匂いが凄い(><)

夏なんかは 具合悪くなるほど

漏れてなくても、匂いがかなり上がったりします

で、、配管で行うと、まず匂いません

気がつかないと思います、、

ですので、、漏れがあった時も、匂いがでますので

すぐ解ります

とにかく、、におわない(^^)

ただ、、その分 配管というかレイアウトを考えないと

結構危ない

柔軟性はホースよりないですからねー

手間や安全対策で、作りこむわけです

そして 車の外にだしてからはホースを使います

逃げがないと割れちゃいますからね(^^)

おおよそ多いのは

2本で前に送り 1本リターンさせますので

配管は増えます

ノーマルのTANKの場合はコレクターを介します(^^)

そうそう、、

インタンクのポンプをコレクターに入れて使う場合は

ポンプの冷却をガソリンが行うため

燃料をTANKから回すようにうまく配管したり

管理をしてあげないと、、

パーコレーションを起こしたり

不安定になりがちです

結構な温度になっている場合も多いです、手でさわるのが

チト熱いって場合も多い

自分は  管理が難しいので、、使わないですが、、

ここが不安定でトラブルを発生してる車も多いです

結構、、、良くあります

お店さんなどにセッティング頼まれて 

見にいったら、、これ、、、

と、、、

意外に多いのが燃料冷やしすぎも、あったりします

燃料の温度は下がりスギでも、POWERおちます

チト熱い手前(^^) まあ、温度はそれぞれですが、、

大型のタンクの場合はリターンのガソリンも他のタンク内の

ガソリンとまざり、意外に年中平均になりますし

ノーマルのタンクであれば、おおよそがノーマル燃料ですので

あまりシビアに管理もできない前提ですので

あまり気にならないというか

気にしてられないので

とにかく いつもそれなり、、で使う事が良いですよね(^^)

スプリント用の4ガロンみたいなタンクの場合は

燃料の温度変化が大きいので

管理も必要ですね(^^)

自分は、、燃料を温めて使うこともあります

燃料も色々 使い方も色々、、ですが

結構 重要なファクターなので

色々気にしてみると面白いです(^^)

ki



12:23:10 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

February 20, 2018

トラ6

こんにちは

2月も後半、、、ホント速いです

もう3月になってしまう(><)

1年がどんどん 短く感じます

さて、、、

先日お預かりした 32GTR

32

キレイな車です(^^)

エンジンルームには T78が装着されています

自分でやっていないエンジンルームって

やっぱ、意外に違和感を感じるものですね、

さてさて、

まずはミッションを下します

見た目は普通(^^)

mi

トランスファーまであると

全く見た目はノーマル

トランスファーを外して

32

RB26系 GTRのトランスファー

これも結構重量あるので、GTRのミッションは重たいです

ここから さらに分解すると

中身はこんな感じ

na

わかる人には解る?系の写真

そう、、 TRUST 6SPEED 

40代 50代で GTRに乗ってた 乗ってる、、という方は

昔 1度は乗った、、とか乗ってみたいと思ったであろう

ミッションですね(^^)

このタイプは最後にでた

ヘリカルギアのタイプ

1速だけスパーギアです(^^)

ケースはノーマルを使用します

このミッションの良いところはこのノーマルケースを

利用するので、安価だった、、というところ

で、、、欠点もココ

ノーマルケースを使用するので

ケース合成が弱く

ギアかじりなんかを起こしやすいんです

初期のフルスパーのミッションは音が凄いですが、、

あの音がすると、、、ミッション変わったな、、という

乗ってる感が凄いというか

ワクワクしますよね(^^)

ぎゅいーーーん、、、みたいな

凄い音ですもんね

ただ、、強度などはこのヘリカルタイプのギアです

音はしませんが、、、(^^; 1速だけ

実際問題 現在で実用に耐えるギリギリのミッションですね

ということで、、

分解 OHです

今は、どうしてもHKSが多いですが

このTRUST 6SPEEDも

そんなに激しく運転しない仕様にはまだ結構使われていたりします

DOGミッションを一般的に、知らしめた貴重なミッションです

(^^)











14:59:56 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

February 17, 2018

SUBARU インプレッサ GC8

こんにちは

昨日くらいから、寒さも和らいで

暖かいです(^^)

仕事もはかどりますね

今週はお預かり2台 納車2台

短期作業の車です

そのうちの1台

8

3年くらい前に色々制作した SUBARU

オーナーは50OVER(^^)お子様が5人もおります

凄い(><)パワフルですねー

下側は、

フラットパネルを制作してあります

pa

このパネルは

見た目より、内部の補強が大変

骨組みというか、、

結構な力がかかります(^^)

で、、

補記類は

ICはサイドタンクから制作で3層600mm

su

パイピングも制作

se

SUBARUのパイピングが結構取り回しが長くなるので

うまくスペース作って

キレイに通すのが手間がかかります

このタイプのエンジンルームはまだスペースがありますが

新しいタイプ GRBみたいな車は結構狭いです

この車で、先日 FUJIを走ってきたそうですが

ギアが足りない感じということ

ローギアなので、メインストレート長いのでしょう

もっとファイナルをロングにするか

パワーを上げてあげないと

チト FUJIでは非力かもしれませんね

でも、、車はやっぱバランスも大事ですので

ブレーキも持たなくなってきますよね_(^^)

まあ、、趣味のものは納得するまでやってみないと

満足度も上がらない事もあります

そこから見えるものも、

とりあえず、ファイナルから調べてみましょう

タイヤも大きいのはけると良いのですが

25インチくらいまでで

サークル内いっぱいっ?ぽい?

34GTRなんかでも26インチくらいまでなので、、

タイヤがもう少し外形稼げるといいですけどねー







11:33:11 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

February 15, 2018

HKSミッション Iパターン

こんにちは

バレンタインでしたねー(^^)

皆様沢山もらえたでしょうか?

さてさて、

春も近いので、ミッション作業が多いです

今週は3機組みますが、、

組む前の

下準備が大変です

ギアは焼き入れ完了(^^)

ya

で、、ケースを洗浄しますが

これはわりと手間のかかる作業

パッキン剥がしたり

ボルト穴掃除したり、、

で、、

ケースおいて ギア仮組して

プリロードCHECK

で、、各部曲がり確認して 修正

ma

これは、、あまり精神的に宜しくない作業(^^;

毎回やりますが、、なれませんねー

クランクの修正なんて絶対いやです

ということで、、、

組み込み開始します

ku

メインシャフト 周りギア組み込み リンケージも組み込み

ku

この状態でも、軽く作動CHECK

DOGなので、シャフト回しながら

2から5までの作動を見ておきます

このミッションはIパターンで

インターロックレスにしてるので

ニュートラル出すには横にしてCHECK

この状態だと指で触ってもシフトできるくらい軽いです(^^)

Iパターン、、シーケンシャルは特にこのあとバレルでの

作動をさせるので、よりスムーズさを確認

Hパターンはこの状態だと、プランジャーや

インターロックが入っているので チト見方が変わる

HKSミッションの場合は ここまでほぼ同じですが(^^)

ということで、このあと手間がかかるのは

バレルの作動確認 調整、、って言っても

削るんですが、

ということで、、

ネチネチ進めております(^^)



12:24:04 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

February 13, 2018

ボルトと計測機

こんにちは

いやあ、、三連休だったようで(^^;

土曜日知りました

さてさて、

自分は元々 視力が良い(^^)

1,5くらいあるのですが、、

最近近くが(^^;

こんな目盛

ma

MICRO 使う事や ダイアルも目盛り見る事が多い

なので、、、大人のメガネを掛けてみる事が増えました(^^;

デジタルではダメなんですか?と 言われる事も多いのですが

うちにある、ゲージは100分台の目盛りの計測機が

多いのですが

その目盛りと目盛りの間 1000分台、、

ぶっちゃけそこまで確認する必要はなかったりするのですが

メタルなどを組む場合

meta

ここのクリアランスを測ったりすると、、

真円であることはまず少ない、、、

つまり どちらかに歪がでています

クランクの曲がりや、ミッションのシャフトなんかも、、

目盛りのタイプのほうが、

目で見てると、、ぐーーーっと針が動いて、、

振れがあって、、みたいに、動いてくれるので

なんか、、体感しやすいんです(^^)

で、、目盛りと目盛りの間でも、どっちかというと

後半 前半とありますので、、1000分台もおおよそ記入しておくと

こっちよりだね、、と雰囲気が解りやすいって感じです

つまりデジタルだと、、そういう雰囲気が四捨五入されて

しまうので 普段使っていない分そんな雰囲気がわかりずらい

って感じ(^^;

ボルトの伸びって良く測るのですが

メタルクリアランスをウエットサンプでも

広く取ることが多いので、

トルクレンチで締める前にボルトの伸びをCHECKしておかないと、、

規定トルクでしめると、伸びてしまうボルトって多いんです

純正のだと、3割くらいかな?

この伸びたボルトをそのまま使うと、、

コンロッドなんかだと端面焼けおこしたりして

メタルトラブルことがあります

で、、

no

こうやって測るのは、、

つまり、たとえば4キロで締めつけて伸びを計測

緩めて0にした際にちゃんとボルトが0になるか?

って感じ

ここで、伸びてる場合は繊維断線しているので

そのボルトは捨てです(^^;

ということで、、

ゲージは針が解りやすい、、、

さて、、今日はミッションメインで作業かかります

それではー

13:18:12 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks