August 18, 2017

アルテッツァ

こんにちはー

お休みも終わり

バリバリ作業中でございます(^^)

しかし、、、雨が続きますね、、

涼しくてありがたいです(^^)

このまま秋になってしまえば、いいのに、、(^^)

さてさて、

お休み直前にお預かりした1台

aru

TOYOTA アルテッツァ

最近この車 ちょっと人気がある?のか

お問い合わせがきます

多分、、ですが

H20年くらいの車を境に、エンジンの型式変更が

できなくなったからななのかな?

つまり、レクサスのISのボディだとエンジン載せ換えで

公認が取れないようで、

かといって元のエンジンではどうしようもない、、、

自分もFT86に センチュリーのV12を載せて、、、と

考えていましたが、、、1000万でも車検難しいかも?

と。公認屋さんに(^^;


ってことで

アルテッツァがベースに良かったりするようです

もちろん、、、ノーマルのままではひどい車が多いですが

スロットルとかもう、全然制御ダメな車が多いですからねー

(^^) TOYOTAの実験車?って感じで

さてさて、、、

この車は

通勤がメインの車

blacklineでは似た仕様の車がおりますので

良く間違われますが

みな違う車です

この車は

07

TD07 EXマニから全てワンオフ

サージタンクはインファンネルで

 ICのサイドタンクまでワンオフです

co

エンジンブロックは新品使用して

PISTON H断面コンロッド クランクはノーマルです

このアルテッツァの3S RB26のブロックほどではないですが

クラックが良く見つかります

点火系は、自分のDRAGMACHINEと同じ

16Vシステム イグナイター コイル共に パラレルで

これで、閉角グイッとふれます(^^)

燃料はノーマルで

ポンプはBOSH×2とDENSO1個

po

今回は色々とモディファイですが

主に電気系を変えていきます

チト時間かかりますが

パリッと仕上げます(^^)

me

それではー



20:44:36 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

August 16, 2017

お休みも終わりです(^^)

こんにちはー

いやいや、、、

夏季休業も終わりですが、、、

工場では色々、ネチネチ色々と、、、(^^;

そうそう、、お盆前のMOTOMI

mo

寝てる、、、わけではなく。。。。

コンロッドの内径計測中(^^)

横から、、、起きてる???って聞くと

キレられます(^^;

眼科に行って

目いっぱい目を開けてまっていたら、、、

お医者さんに、ハイ目開けてね

治療できないよ、、、と言われるMOTOMI

mo

しかし、、視力は良いんですよ(^^)

MICROも余裕

それよりも、、、老眼きちゃってる自分のほうがやばい(^^;

元々自分は視力が1.5以上あったりするので

老眼速いんだろーなあ

さてさて、コンロッド内径測ったら

寸法だしてメタル注文

定番のNISMOメタル

チト値段あがったっけな?6万くらい?

で、それにさらに、加工をします

ボルトも伸び計測してトルク決定

そういえば、こういうエンジン内部のトルクは伸び管理が

やっぱ確実ですね(^^)

ボルトはARP

さてさて、また明後日からパリッと仕事すすめますー

so

10:12:00 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

August 13, 2017

SC300 DRAG MACHINE

こんにちはー

夏季休業中です(^^)

色々 普段できないことをしておりますが、、、

さて、

来月からは、色々 DRAG関連のイベントやRACEもあります

自分のDRAG MACHINEはここしばらく動かしておりませんでしたが

各方面からそろそろ動かせ、、というお話が多い

実は

ターボを大きくして走行しておりました

88

どのくらい大きいかというと、、、

写真の一番小さいターボが、国内では最も大きい部類の

T88です

oo

最大Boostの4,5kpaでは2.5倍近い風量です

走行すると、、とにかくはえええ(^^;

で、、、ビビってクラッチのロック切ると

ストール 立ち上がらない

ということで、NOSを追加する予定で

その後

サーキットを何回か借りて

クラッチのセットをするつもりでした

自分のクラッチはスライダークラッチと言って


一応長くなるので、説明のリンクをはります(^^)

なので、1本走行ごとにミッションを下してクラッチを

調整します

c

仙台のDRAGコースがなくなってしまったので、、、

FUJIのような滑るコースではかなりクラッチを滑らせないと

厳しいんです

そして、、、RACEはFUJIでは行われない

まあ簡単なトーナメント

ということで、、、

セントラルサーキットをターゲットにしてみようかと

しかし、、

どこか適当なサーキットにセッティングに行っている時間が中々とれない、、

2,3回が通って

最低30mは動かして、ばらしてをい繰り返さないと、、

厳しいかな??

また、セントラルサーキットは全長が800mくらい?

で短く 狭い

パイプフレームでは、、、非常に危険、、、なので

400m踏んだら止まらない、、、

200mから始めるようになります

DRAGシュートもランチャーシュート。。。

圧縮ガスでパラシュートを強制的に飛ばす方式にかえようかな?

とか、、、

主催者とも相談した結果危険はやっぱ避けたいとのことで

思い切ってターボを小さくします

88

大きさはT88の二周りくらい大きいかな?って感じ

ボルグワーナーの新作ターボ 

S400 SXE

ピークも1500psちょっとくらいのようです

もちろんもっと低いPOWERから始めますが

これでしばらく走ってみようかと(^^)

とにかく、、

今年は多分11月には間に合いそうなので、、

また色々決まったら御報告いたします(^^)

是非応援にきてくださいねー



10:10:00 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

August 10, 2017

RB FR用DOGミッション

こんにちはー

本日から17日まで、お知らせの通り

夏季休業とさせていただきます(^^)

以前に書いたとおり

お電話もメールの返信もいたしません

工場には結構おりますが、お休みの間しかできないことをしております

ご了承ください

さてさて、

最近はミッションの補修 修理 やはり多くお送りいただきますが

RB系のFRの 特にドリフト屋さんかな?

お問い合わせの多いミッション

t6

これで解った方は凄い(^^)

もちろん既製品のままではないです

TRUST(クワイフ) GTR用のDOGミッション

このタイプはあとからでたヘリカルギアタイプのDOGミッション

で、、、なにが違うか

シャフトが長い(^^)

通常 GTR用のミッションをFRに使用する場合

トランスファーの後ろ側の フロントドライブ部分の

ケースをいカットして内部を加工

溶接などで蓋をして、ボディを切断

マウントを制作して DRIVE SYAFT(ペラシャフト)を

制作します

ということで、、R30Aのノーマル

RB25系のミッション 33とか34とか Z32などのミッション

のノーマルケースに組み込めるように制作したものです

sya

リンケージシャフトとメインシャフト部分ですが

これでノーマルケースには収まります、、、が、。。。


ここからがチト厄介

GTRのノーマルリンケージのまま組み込んでしまうと、、

シフトパターンが180度逆さまになってしまいます

1速が手前右下、、、みたいな感じに(^^;

なので、

リンケージを逆さまに制作しなおします

sa

このシフトパターンが掘ってあるプレートも

ノーマルは全然使えないので、制作します

ちなみにこれをTRUSTで新品で買うと6万くらいだったかな??

チトビックリした、、(^^;

でリンケージガイドと、リンケージアームをコントロール

ハウジングに収めるので、、、

チト大きくなってしまいます

geta

ということで、20mmくらいのスぺーサーを制作して挟み込む

で、、、

ノーマルケースに収めますので、

この20mm上がったシフトレバー以外は

ノーマルと同じなので、ボルトオンで装着できます(^^)

トランスファーケース加工よりも

金額も安いかも?それとかなり軽量になります

ただ、下駄の20mmくらいの分 車両によっては

あたってしまうかも?ですが、仕方のないところ(^^;

ということで、

このようなミッション加工も可能です

シルビア FD用ではもたない、、というかたにはいいかも?

でも、、、所詮、、、トラ6なので

それなりの強度ですけどねー(^^;

ミッションの強度はあと固定方法で大きく耐久性がかわりますので

興味のあるかたは御連絡ください

それでは、皆さんも良いバケーションを!(^^)



10:04:00 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

August 08, 2017

ポンプ配線

こんにちはー

台風が近ずいております、九州の方はまたまた、大変のようで

本当に、お気をつけください

こちらにも今晩には来るそうですが、もう大した勢力ではない?

ようですね

さて、

今週収めた1台

ma

マーク兇WAGONですが

なんと、FFでした(^^)

色々な車があるもんなんですね、、、

今回は、ポンプ周りや、メンテンスと古い車なので

リフレッシュを狙った作業

うちでは、良くポンプ配線を制作しますが

ポンプコントロールユニットのままだと

アイドリング時や巡行時に、燃圧をコントロールされてしまうので

ツキが悪かったりします

簡単に言うと

例えば1.5Tの車を2000ccのエンジンで動かす際には

必要な燃料のカロリーが必要になりますが

必要な燃料の量は10とすると、それを一気に

燃焼室に送れば反応が良いわけですが

ポンプコントロールのままだと、回転が上がってから

ポンプ回転があがり、燃圧があがり、インジェクターの

プランジャーに圧があがります

そう、、、遅いんです

これはアクセル一定にしてる巡行時も同じような動きをします

ということで、一定の回転で圧をかけておくと

ピックアップが良く トルク感があがるわけです

つまり、時間に対してのチューニングですね

、また、純正のコントロールユニットも寿命がありますが

不要になります

そして、キーと連動の他にスイッチをつけておくと

チョイかけなんかしたりした、後このスイッチで切ることで

スラッジが減らせます つまりプラグかぶりずらくなります

プラグは別に交換するえば良いものですが

最近はマメにプラグを交換するという事も減りましたので

結構有効 これにより、ヘッドをOHやチューニングした際に

一番気を使って 手間をかける、シートに傷をつけずらくできます

(^^)

サブコンや純正ECUの書き換えみたな、タイプの場合

さらにこれにフィードバックがかかるので

中低速は変わったか解らない?という場合は

燃圧の上がるタイミングが遅いこともあります

サブコンを装着する前に、しっかり燃料を送ると

それだけのほうが体感は大きい場合が多い、物理的なもんですね

(^^)

まあ、、、良くやる作業+これにポンプやフィルターパッキンなども交換することで、リフレッシュも兼ねるわけで

お勧めの作業です

blacklineでは配線はウルトを使ってます、ドイツのメーカー

チト高いですが、耐久性は抜群ですね(^^)

そして

先週はお客様が福島から、様子を見に御一家で(^^)

o

下したエンジンルームでお約束の写真(^^)

お嬢さんも、うちに初めていらしたときは、おなかの中でしたが

大きくなりました

旦那様は

なんか車内でゴソゴソしてました(^^;

ka

このあと、川越の菓子屋横丁を観光して帰られました

そう、、いつも

名産お土産ありがとうございます(^^)



10:09:00 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks