September 18, 2018

FD3S Vマウント

こんにちはー

今日はあちいです、、

それでも、真夏とは違ってきてますね(^^)

季節の変わり目は、チト寂しい気がしますが、、、

それでもやっぱ速く涼しくなってほしい、、

さて、

工場はまだまだ、ひたすら作り物を、、

RX7 FD3Sです(^^)

サクション側は本固定

各配管も装着しました

で、、最後はステー

su

とりつけるとこんな感じ

ea

mn

結構 クリアランスも狭いレイアウトなので

エア配管も多いし、チト苦労しましたが

なんとかまとまった(^^)

あとは、目立たない ブラケットやステーもかなり制作しましたが

下周りも、多い

エアコンの配管のレイアウトも変わっているので

それを補助するステー類

それと、PS配管も

純正を加工して、、と思いましたが

結構 形状も変わって

取り付け時も、なんか微妙だったので

8番のAL PIPEで 制作

al

これも、ブラケットを制作して取り付け

ra

ほぼ全てんぼステーはラバーを介しています

振動対策です(^^)

ここから、、、バッテリー周りを先に処理して

後ろ側にバッテリーへ 続く配線も終わらせおかないと、、

ICまた外さないと、、なのでやっておきます

もう少しで完成です

がんばりますー(^^)

12:23:35 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

September 15, 2018

Z31 エアコン

こんにちは、

いやいや、、雨、、ですが、涼しいですね(^^)

ホント ありがたい、、

工場では作り物が続いていますが

中々 みんな終らない

今週は納車0です(^^;

日帰り作業の車はありますが

さてさて

エアコン制作中の Z31

10年くらい前に、フロントフレームがダメになっていたので

作り直した箇所

31

もうフロントは全て構築しなおしなので

バラバラです

e31

電動FANも2個とも、大型のものに変更

これが干渉せずに、さらに、密閉シュラウドも制作するので

スペースをとらないと、、で

ラジエーターの位置も変ます

どの道コンデンサーがICの間に入るのでその部分の

クリアランスも変更するために、、、

位置出しだけで、、結構時間かかりました、、、

ということで、、ラジエーター側の、パイプも制作

形状変更

se

シュラウドも制作しております、ここから仕上げるのに

2日はかかるな、、(^^)

内部がひまわり、、というか花柄なのは

くりぬき形状なので、シャーリングも、コンターも使えないので

ホルソーでまず、抜いてから、後でネチネチ成形です

ということで、まだ少しかかりそう、、

室内側は

うまく収まりそうです(^^)

手間かけましたからねー

しかし、、Z31

やっぱカッコイイ

この車は、リアメンバー周りも全て32GTRになっていますので

ホント良い車です、、

欲しい車です(^^)

z





12:51:15 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

September 13, 2018

ミッションSWAP

こんにちは

いやあ、、、ここ数日かなり涼しいですね(^^)

丁度いいです、

工場では作り物をネチネチ進めています

最近は、DOGミッションを載せてみたいや

6速ミッションを載せてみたいという

ご相談も多いです

特に ドリフトショップからのお問い合わせが多いかな?

しかし、BELL ハウジングの設定車種がなかったり

中々 見つからなかったり

そう、

国内のミッションはBELLハウジングがSETで売られていた

事が多いですよね

というか ボルトオン前提のものが多かったので

そういう感覚の場合が多いですが

海外を見ると BELLハウジングなどは全く別というものが多い

つまり、ミッション自体はミッションのみ

BELLや固定はご自由に、、という事

うちのSC、、DRAG MACHINEもミッションはLENCO

クラッチは AFTのSLIDER クラッチ で、、、

BELLハウジングは ブロウェル

海外でのRACEでは安全確保のため

レギュレーションでも必要なBELLハウジング

安全の為ですね(^^)回転物が飛び出さないように、、

みたいな

なので、BELLは別に考える、、、

また、クラッチも日本では競技専用クラッチというものは

メーカーが無い為 ノーマルタイプが多いので

ノーマル形状のBELLを装着することが多い

ということで、、

ミッションのBELL部分をカットして 他のミッションのBELLを

カット、移植すればエンジン側にドッキングできてしまう

ただ、BELLハウジングがコストの関係から鋳物が多いですが

鋳物同士の溶接は強度が、低くなります


また、BELLの部分だけ取れるミッション

国産だと、FD FCのミッション

それ以外であれば、AT用のBELLは取れるものがほとんどなので

それを利用して、全て加工してドッキングも多いです

それでも、溶接が必要で

少しでも強度を、、となる場合

こういうプレートを制作

bell

クラッチフォークのピポットはこちら側に

で、、、

合わせるとこんな感じ

sa

今センターにはいっているシャフトは、

BELLセンターを出す治具

BELLとクラッチセンターの位置は絶対的な位置になります

ここがずれたり斜めになると、、、

ミッションが装着できません

また、、アチコチにダメージがでます

で、、

うまくドッキングして

溶接

この溶接はこれで、強度を、、というより

ずれないように、、という感じの為です

se

で、、このセンターのくぼみは

レリーズベアリング、スリーブを装着する

キャンドルタワーが必要ですが

それを差し込む箇所

表かたボルト留めの方法や

ここに純正で脱着できるタイプであれば純正パーツを

無い場合は、ここも制作になります

ここは振動や、摩耗対策のため

アルミより、スチールを使用することが多いです

割れ防止ですね(^^)

ということで、、

FRであれば、、おおよそどんな車でも色々なミッションを

載せる事がほぼ可能です

blacklineでは良く行う作業、

まあ、、そのあと、制御やレバー位置

マウントの制作 クラッチスプライン

ドライブシャフト(プロペラシャフト)の制作も

必要ですが、、

ミッションはダイレクトにDRIVEフィールや

車の挙動にでますので

楽しいパーツです(^^)

また、、旧車なんかで、もうミッションが修理できない、、という

場合 今後の為に新しいミッションにする

という方もおります

興味のあるかたはご相談ください(^^)




12:35:04 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

September 11, 2018

RX7 FD3S

こんにちは、

今日は涼しい(^^)

やっと、、暑さも落ち着いてきたのかな??

さて、、

自分は、ネチネチと、、RX7 進めております

付けたり外したりの回数が異常に多いのは、、

今 導風板のファブリケーション

まずは、干渉するところ、 当てる所

形状を見ながら少しずつ

整えなければならないので、その度に、ICや水ラインを

つけたり。。外したり、、を繰り返します

現在やっと、コンデンサーとラジエーターの間も完了(^^)

で、、ICと ラジエーターの間を制作

形や、逃がす場所取り付け方法を決めて

ステーやコレットも固定

これは、後ろ側

ra

水ライン ICブラケットなどの逃がし

ビードローラーを入れたあと

縁の部分は、ビードローラーを半分だけかけて

シュリンカーのように ビードをたてます

bi

これで、随分、強度がでます(^^)

で、、

今度は、サイドと前

前は上面にも制作予定ですが、下方側にも制作します

ka

画像だと一瞬ですが、、

30回はIC脱着して

クリコで仮固定をしてを繰り返し、

cu

チト大変でした、、(^^;

このまま脱着できるように

これで、コンデンサー ラジエーターの幅にFITしております

さて、、、、ここから

エア抜きタンクの固定 オイルラインの制作

バッテリーの配線をリアへ、、

などなど、、で完了(^^)チト急いで進めますー

中々 カッコよくなってきました(^^)



13:12:43 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

September 08, 2018

350Z Z33

こんにちはー

いやいや、、、蒸し暑いです、、(><)

秋はまだですかね、、、

さて、、、今週納車した1台

33

350Z、、Z33です(^^)

この車新車の頃から来ていただいているのですが


Zを買って、慣らし終って。。。。

踏んだら、、、おすそすぎて驚いた、、、

速くしてほしい、、、という所からはじまった車(^^)

ブレーキもノーマル、

見た目も普通ですが、、

実は結構 アチコチ手が入っております(^^)

エンジンルームも普通、、、ですが

e

この写真を見て

(おおおおおお、)と解った方あ凄い(^^)

実はエンジンの搭載位置が変わってます

なぜ?かというと、、

ターボがTD06ツインなのですが

大きすぎて入りませんでした(^^;

エンジン内部はそんなに激しくはないですが

COSWORTH ピストンと、コンロッドを変更

VVTIはいかして、CAMSYAFTを変えてます

で、、ブロックはオープンデッキで

600PSとかには持ちませんので、、

こんな感じで補強してあります(^^)

kk

こしないと、、シリンダーがすれてしまいます

最近のエンジンは、ヨーロッパ車とかもそうですが

ブロックやコンロッドが非常に弱くなってますね、、

コストダウンのため、、仕方ないのでしょう、、、

補記類のレイアウトはターボ2個なので

全てツインエントリー

排気も、

v

ICも2個ついてます(^^)

前から見ると1個ですが、、3層を2個使って

実は真ん中でつなげてあります

かなり良く見ないとわかりませんが、

左右で分かれております

で、、室内も、、普通

me

メーターは多いですが

なるべく邪魔にならないように、、

目配せで、おおよそ針の配置だけ確認できるように

レイアウトは心がけてます(^^)

4個以上ならべると、、判断しずらい、、ということが多いので、

ナビゲーションも、エアコンも全部ついてます

なので、、パッと見は普通ですが

600psくらいありますので

結構速い車です(^^)

Z33系、、、はブロック強度、コンロッドが問題で

あまりPOWERだせませんが、、

ここをクリアーすれば

排気量もあるし、楽しい車です(^^)






18:27:53 | waruzo | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks